読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Surfsoul’s diary

38才からの不妊治療。低AMH(0、69)。男性不妊のため、京野アートクリニック高輪で顕微受精からスタート。不妊治療の記録。

【8周期目:凍結胚移植】BT9妊娠判定日

BT9で、クリニックで妊娠判定日。

 

血液検査、内診(目を凝らして見たが、胎嚢は見えず。)、問診。

 

移植してくれた時と同じ、ふんわり系の女医さんでしした。

 

HCGは401!!!

 

順調!!

 

事前に、HCGの値が高いほど継続率がよくなるという記事を読んでいて、400以上だと95%というから、ホッと一安心。

 

(以下参考までに。*科学的エビデンスなどはわかりません。

 

1〜10 1%以下

10〜40 8%

40〜70 40%

70〜100 60%

100〜200 80%

200〜300 87%

300〜400 92%

400以上 94%)

 

体調といえば、

・熱さと寒気が交互に来る。(まるで風邪)

・胸が少しはって痛い。(若い頃の生理前みたい。最近はなかった。。。)

・左鼠蹊部がズキズキする。(小さいズキズキではなく大きくズキズキ)

 

継続してくれるか心配もありつつ、なるべく明るい気持ちで過ごして見ようと思う。

 

どのくらい浮かれて、どのくらい落ち込む準備をすればいいのかがわからず、とりあえず、妊娠4週を調べまくる。

youtubeの、胎児の成長番組を見ながら、お腹の子を想像して応援する、というのが趣味のようになっている。

 

胎嚢確認は1週間後。

 

それまで、ほんと待ち遠しいし、長いな〜。