読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Surfsoul’s diary

38才からの不妊治療。低AMH(0、69)。男性不妊のため、京野アートクリニック高輪で顕微受精からスタート。不妊治療の記録。

気持ちの落ち込み、夫の愚痴

妊活を始めるにあたり、

・忘備録の意味合い

・何かしら情報を必要とする人のためにメモを残す

・気持ちのアップダウンが予想されるため、吐き出す場所を確保

という目的で、ブログをスタートしました。

 

今日は、自分の気持ちがいっぱいいっぱいなので、夫の愚痴的な内容を書きたいのです。

 

前回の判定日の二日前、私が「今回もダメかも」的な愚痴をぼそぼそと言った時、夫は

「前向きでない発言で、仕事の足をひっぱらないでほしい」

と言って来た。

 

何事も前向き、どうすれば成し遂げられるか、を考えるゴリゴリの夫。

 

私が辛い気持ちを表現すると、聞いていて悲しくなるのか、たいていの場合、怒り出すか、妊活をやめろと言ってくる。

 

それは傷つくので、私は、前向きな発言しかしないように、すごく気をつけている。

 

でも、前回の陰性の後、かなり気持ちがいっぱいいっぱいで、張りつめていた。

 

ちょうど、会社も忙しい局面で、お客さんの入りも減り、がんばらないとやばいねぇという数字が見え始めていた。

 

夫はものすごく焦っていて、先月中旬から、「お前が仕事しないから儲からない!」とか、「お前の後ろ向きな気持ちが、この結果を招いている!」とか、激怒し始め、

ペテン師だ、分裂病だ、精神病だ、遺伝子異常だと、2〜3時間ほど私をののしり、私が、「ごめんなさい、精一杯改善するね」と何度も伝え、気持ちが落ち着いた頃に、言い過ぎたと謝って来る、を繰り返している。

(*気分を害される方もいらっしゃるかも知れませんが、夫に言われたそのままを書いています。申し訳ありません。)

 

そして、昨日の夜もそんな感じで、私は家を出て、事務所で寝た。

 

朝、次の仕事の支度のため、一旦家に帰ったところ、また、夫が怒鳴り始める。

 

なんだか、今日の朝は本当に何かがあふれていて、突如、私もキレてしまった。

 

お皿を割り、ものを投げ、壁に穴があき(これは痛い!)、夫に、「私の気持ちを踏みにじらないで!」と叫んでいました。

 

私にキレられるのが大っ嫌いな夫は、案の定、会社をたたみ、もちろん、妊活は終わりで、離婚だと言って来た。

 

なぜ、こいつはこうも、無神経なのか。

 

おれが一番正しい。

おれが一番苦労している。

おれが一番かわいそう。

 

で、

 

お前のせいで、金が稼げない

お前のせいで、妊活に時間と金がかかっている

お前のせいで、人生が楽しくない

全部お前が悪い、全部お前のせい。

 

もう、そんな攻めるばかりの言葉にうんざりで、本当に嫌になる。

 

離婚したいとは思わないけど、お先真っ暗な、心底エネルギーがなくなるような気持ちになる。

 

確かに、一部上場のトップ営業マンだった夫が言うことに、私が全く着いていけず、言われた資料もなかなか仕上げられず、腹が立つのはわかる。

でも、実際に現場に出て働いているのは、私で、その間、夫はランチしたり、家でのんびりしていることも多く、だったら、あんたも手を動かしてよ!と言いたくなる。

 

そのくせ、細かいことはしたくない、なんで誰にでもできる事務作業をしなくてはいけないのか、あげくの果てには、俺が話した言葉を録音して、テープ起こしをした上で、資料を仕上げてもってこいと。

 

私は、あなたのなんですか???

 

そういいたくなる。

 

ものすごく私を愛してくれているのはわかる。

だから、私の弱音は辛すぎて聞けない。

好きな人の辛さを丸ごと包容できない、夫の弱さに腹が立つ。

 

愛しているけど、不安な気持ちになると、私に当たらずにはいられない。

そんな幼稚さに、心底うんざりする。

 

わかっているから我慢してきたけど、この前の妊娠判定以降、私もすごく不安定になってしまって、そういった夫の弱さや幼さが、ものすごく堪えてしまう。

 

しばらく、どこか遠くに行きたい。