読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Surfsoul’s diary

38才からの不妊治療。低AMH(0、69)。男性不妊のため、京野アートクリニック高輪で顕微受精からスタート。不妊治療の記録。

不妊治療助成金と、治療費の見積もり

今日、夫とともに、不妊治療助成金の申請手続き準備をしてみた。

 

戸籍やら、収入証明やら、たくさんの書類が必要で大変。

 

そして、メインイベントである、不妊治療費を計算する。

 

助成金がおりると過程して、ここまでの支払いは180万ほど。

 

ひえ〜〜〜。

恐ろしい。

 

今年1年、12月まで不妊治療が続くとしたら。。。という過程で計算して、後300万ほど。

ここまでの、かすりもしない結果連続の過程を考えると、1年続く可能性はあるのではなかろうか、と。

自分たちで会社を経営しているので、その費用が、今年の収益から捻出できるのか。。。を必死で計算する。

 

なんとかギリギリ!!!

 

夫婦で思わず、抱き合ってしまった。

 

お金のことで子供をあきらめたくないから、しっかり働いて、しっかり管理していこうね、という話になった。

 

京野アートクリニックはいいなと思うんだけど、治療費が高い気がする。

他の所はわからないけれど、40万ほどで済んでいる方もいるみたいだし。

ただ、TESEで精子凍結をしなくてはいけないので、簡単に他の病院には移れないし、ここでしばらくは腹をくくろうという話になった。

治療内容には十分満足していることだし。

 

世の不妊治療されている方も、みんなお金のことで、少なからず苦労されているのではなかろうか。

と、同士に勝手に思いを馳せる。。。

 

一応、1年の見積もりをたてたけど、なるべく早く、妊娠して子供に会いたいなぁ。