読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Surfsoul’s diary

38才からの不妊治療。低AMH(0、69)。男性不妊のため、京野アートクリニック高輪で顕微受精からスタート。不妊治療の記録。

自分に合った刺激法とこれまでの振り返り

昨日の卵の結果を受けて、これまでの考察。

 

<1回目:低AMHでも、卵胞数があるためアンタゴニストにトライ>

最初の検査で、AMHが0、69と言う結果が出たが、卵胞確認した結果、6〜8個の卵胞が確認できたため、刺激で数がとれる可能性がある、ということで、アンタゴニストでトライすることにした。

 

結果、

14日目に採卵。

採卵数4個:4個とも成熟卵

4個とも正常受精

1個 :フラグメント20% ▶︎ D24分割胚を1個新鮮胚移植 ▶︎ 陰性

3個 :すべてフラグメント40% 4〜8分割で分割停止

つまり、全滅

 

<インターパンチ、メラトニンを飲み始める>

先生の勧めでインターパンチとメラトニンを飲み始める。

プレグナを、自分判断で飲み始める。

 

<2回目:卵巣が刺激に反応してるので、さらに高刺激ショート法にトライ>

1回目の結果を受けて、刺激の薬に卵巣がちゃんと反応してくれているので、さらに高刺激のショート法で、数をとる作戦でいってみようとなった。

 

結果、

11日目に採卵。

採卵数4個:2個未熟卵、2個成熟卵

1個:異常受精

1個:ダイレクト分割 → 1個胚盤胞凍結

 

<DHEAを飲み始める>

ショート法の結果を受けて、先生からプレグナとDHEAを進められる。

プレグナはもともと飲んでいたから、DHEAをここから飲み始める。

 

<3回目>

ショートだと、早く卵が大きくなりすぎるということ、数がアンタゴとかわらなかったこと、をふまえて、低刺激(中刺激)を選択。

セロフィンをのみつつ、後半にHMG注射を打つ。

 

結果、

13日目に採卵。

採卵数5個:すべて成熟卵

5個すべて受精

1個:受精後分割停止

1個:フラグメントに分割

1個:8分割あたりで分割停止

2個:桑実胚に成長(フラグメント10%)うち、一個新鮮胚移植

 

イマココ

 

順調に成果が出ている!!

卵質も改善されているし、とれる数も増えている。

本当、「自分に合った採卵法」が大切なんだな〜。

今週末、凍結確認にいく予定だが、見せてもらった感じでは凍結できそうな予感がしている。

 

DHEAは、先生からは効果がでるまでに数ヶ月かかると言われたが、即効性があるとおっしゃる先生もいる様子。

自分的には、メラトニンを飲み始めて体の感覚に変化があったから、夜になると興奮して寝れないタイプだった私にとっては、メラトニンが大きかったのではないかと推測している。

 

サプリメントによる卵質の改善と、ベストな状態で採卵をするための刺激法が、少しずつわかってきた。

 

前回は、本当は15日目に採卵したいと先生が言っていたが、仕事があるため、薬を追加して13日目になった。

もし、15日目に採卵していたら、どうなっていたのかは、興味があるところ。

 

と、ついつい研究者魂が刺激されてしまうけれど、

2個凍結して、二人目につなげながら、今回妊娠!がベストなんだよな。

 

おなかの卵ちゃん、がんばっておくれ^^