読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Surfsoul’s diary

38才からの不妊治療。低AMH(0、69)。男性不妊のため、京野アートクリニック高輪で顕微受精からスタート。不妊治療の記録。

【1周期目D17:ET1:採卵】フラグメント40%が気になる、いろいろ気になる

気持ちが落ち着いてくると、いろいろ気になる。

 

いくつかのブログで、私の通っているクリニッックの理事長は、胚移植の際にはたいていの場合、

「綺麗な胚ですね」

と声をかけてくれるとあった。

そうでないときはかけないらしい。

今回、私のときはそれがなくて、多少気になっている。

でも、医者の友達に言わせると、そんなに毎回同じでないと。

自分を考えてもそうなんだから、あまり気にしなくていいのはわかってる。

でも、気になる。。。

 

3個の卵のうち、フラグメントが20%、30%、40%とあった。

フラグメントは10%以内が望ましいと言っていた。

40%だと、育たないのかな、など、いろいろ心配になりググる

 

結果としては、フラグメントは見た目なので、気にしなくていいというのが多い。

それよりも、分割スピードが速いことが大切で、生命力とイコールと見やすいとのこと。

ただし、分割が遅いマイペースな卵でも、生命力があれば、ちゃんと妊娠できるそうで、そういった人の体験談もでてくる。

 

ということで、一言でいうと、

「卵の生命力につきる」

ということなんだろう。

 

なので、これ以上はキリキリせず、信じて待つしかないかな。