読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Surfsoul’s diary

38才からの不妊治療。低AMH(0、69)。男性不妊のため、京野アートクリニック高輪で顕微受精からスタート。不妊治療の記録。

【1周期目D8:採卵】卵胞確認、注射が二つになる!

【2016/9/30〜】1周期目:採卵:アンタゴニスト:新鮮胚移植:凍結なし

再び診察。

 

最終の16時半予約だったので、人もまばらで、待ち時間も少ない。

 

いつも通り、

採血→内診→診察

 

採血は、いつものめちゃくちゃ丁寧な若い人ではなく、新しい若目の女性だった。

いつも思うが、年配の女性の採血が、一番痛くないのである。

なんなんだろう?あの違いは。。。

同じ血管に針刺す作業なのに、痛みが明らかに違うとは。。。

 

結果は、19×15m、16×16m、10×11m、8m、7m、小さいの5個

の計10個

内膜9、1m

 

卵の育ちがまばらなことが気になるが、調べると、そんなもんみたい。

あとは、10m以下の小さいのが、どれだけ育ってくるか、だそう。

10m以上が、採卵できる目安と言っていたので、10個みんな、10m超えしておくれ〜!

 

内膜は9、1mで、今週期の移植はできるのではないでしょうか、とのこと。

 

主席の卵が19mとなったので、明日から、注射が変わる。

hcg150単位

ガニレスト 0.25mg

2日分。

 

どちらもペンタイプではないので、針が太くて長くて、怖いよ〜(。>0<。)

しかも、1日2個も打つんだよ〜(。>0<。)

 

明日は朝から仕事なので、何が何でも朝のうちに打っておかないといけない。

自分では絶対に無理なので、夫に早起きしてもらって、注射をしてもらうことにする。

 

 

 

<お会計>

超音波  2.160

血液検査 49320

HMG  6.480

ガニレスト 15.420

消毒液  160

合計  28.540

 

総計 154,010円