読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Surfsoul’s diary

38才からの不妊治療。低AMH(0、69)。男性不妊のため、京野アートクリニック高輪で顕微受精からスタート。不妊治療の記録。

【1周期目D6:採卵】卵胞7個確認

【2016/9/30〜】1周期目:採卵:アンタゴニスト:新鮮胚移植:凍結なし

今日はクリニック。

 

箱根から直接診察へ。

注射をする暇がなかったので、クリニックのトイレで注射を。

もう、すっかり慣れました。

 

はじめて見る男性の先生で、いまいち、質問がしにくく、答えも曖昧だった。

このクリニックの先生たちは、みんな、はっきりと答えてくれるのが好きなんだけどなぁ。

 

いつも通り、採血→内診→診察→注射の受け取り でした。

 

12ミリのものを始め、卵胞が7個確認確認できた。

順調に育っているので、このまま、次の診察まであと二日、ゴナールエフ150mlの注射を続けましょう、とのこと。

 

聞きたいことがうまく聞けなかったので、注射針を受けとる時に対応してくれる、若手の医者?看護師?のお姉さんにいくつか質問。

 

Q、ここから、さらに卵胞が増えることはあるの??

 

A、あります。ただし、小さすぎると成熟卵にならないので、最終的な数は採卵してみないとわかりません。

 

とのこと。

 

量より質だとわかっているのですが、やっぱりせっかく頑張ってるから、たくさん卵を作って、胚凍結しておきたいなーという欲が出ます。

 

明日から、夫婦で抗生剤を飲み始める。いよいよカウントダウンだな〜。

 

<お会計>

超音波 2,160円

血液検査 4,320円

合計   6,480円

 

総計   125,470円