Surfsoul’s diary

38才からの不妊治療。低AMH(0、69)。男性不妊のため、京野アートクリニック高輪で顕微受精からスタート。不妊治療の記録。

【8周期目:凍結胚移植】BT15大量出血、進行性流産だけど、まだわからない。。。

BT15

 

これまで順調で、出血もなく、胸の張りも出て来て、つわりがないのは気になるけど、クリアブルーもどんどん濃くなるしで、安心していた。

 

ところが、BT15の朝、

 

なんか出てる感が2回ほど。。。

膣錠を入れて数時間経つと、解けた錠剤が出てくる感覚と似ているので、膣錠が出てるのかな?と思っていたら、2回続くのでおかしいなとトイレへ。。。

 

とたんに、真っ赤な鮮血がドバッと出て、トイレが真っ赤。

さらに、固まりが出た様子で、もしや、胎嚢が出ちゃったの〜〜??!!

と、考える間もなく、手を突っ込んで、血の固まりをキャッチ。

 

親指大のレバー状の固まりに、白い紐のようなものがついてる。

 

慌てて、病院へ電話すると、レバーを持って、すぐに来てくださいとのこと。

仕事を延期してもらう手配をして、すぐに病院へ向かう。

 

内診に呼ばれると、前に1度内診でお会いした若い先生。。。

申し訳ないけど、不安!!!!

 

内診を始めると、「降りて来ている」とか、さらに不安になる言葉をつぶやき、内診が終わった後も、カーテンをあけて、いきなり状況説明。

 

で、「たぶん、流産です」とのこと。

 

ガーーーーン!!!

ショック。

 

とにかく、下半身丸出しで聞くのも気になるし、ショックすぎて時間が欲しいから、後で問診の時に聞かせてくれとお願いし、内診室を出る。

 

先生も看護師も、めちゃ深刻な顔だし、下半身丸出しの患者に話し始めるくらい、緊急なことなのか!?先生、落ち着いて!?と、さらに不安。

 

1時間の待ち時間の間、気が気ではなく、流産か〜と泣きました。

 

その後採血して、改めて問診。

 

結論から言うと、胎嚢は確認できて流れてはいないけど、子宮の真ん中にあって(普通は奥)、流産しかけているため、降りて来ているのではないか。

HCGは5600ほどあり、数値はよい。

レバーは見た目では原因は何もわからない。(一応がんとかないか、病理に出すそう)

胎嚢の奥には、血の固まりがある。

診断は「進行性流産」

 

どうすればいいですか?と聞くと、

 

「安静にしてほしいけど、どのくらい安静にすればいいなどの指標はないし、安静にしても意味ない可能性もある。」

 

はっきりしない〜。

 

で、診察終わって、進行性流産で調べると、何読んでも流産決定じゃん!?という記事しか出てこない。

 

気弱になって、看護師さんに聞いてみると、

「そんなことありません。まだまだ、可能性はたくさんあるから、ゆったり過ごしてください。」

とおっしゃってくださり、救われた。

 

家に帰って検索してみると、どうも、「絨毛膜血腫」が当てはまりそう。

症状も同じ。

 

で、皆さん、トイレとお風呂以外は安静との指示が出ていると書いている。。。

 

それで、昨日と今日は、ひたすら寝て過ごしている。

 

どうやら、血腫から出血すると、そのときに一緒に胎嚢も流れて流産になる危険性があるらしい。

 

1日たって、クリアブルーをしてみるも、濃いラインが出ている。

だけど、胸の張りがなくなって来ているのが気になる。

体温は、昨日37.00→今日36.90へ。ほぼ横ばい。

 

結果は1週間後、胎嚢が育っているかどうかでしかわからないみたい。

 

本当、気が気じゃない。。。

 

ベビーの生命力を信じて、待つしかない!

【8周期目:凍結胚移植】BT9妊娠判定日

BT9で、クリニックで妊娠判定日。

 

血液検査、内診(目を凝らして見たが、胎嚢は見えず。)、問診。

 

移植してくれた時と同じ、ふんわり系の女医さんでしした。

 

HCGは401!!!

 

順調!!

 

事前に、HCGの値が高いほど継続率がよくなるという記事を読んでいて、400以上だと95%というから、ホッと一安心。

 

(以下参考までに。*科学的エビデンスなどはわかりません。

 

1〜10 1%以下

10〜40 8%

40〜70 40%

70〜100 60%

100〜200 80%

200〜300 87%

300〜400 92%

400以上 94%)

 

体調といえば、

・熱さと寒気が交互に来る。(まるで風邪)

・胸が少しはって痛い。(若い頃の生理前みたい。最近はなかった。。。)

・左鼠蹊部がズキズキする。(小さいズキズキではなく大きくズキズキ)

 

継続してくれるか心配もありつつ、なるべく明るい気持ちで過ごして見ようと思う。

 

どのくらい浮かれて、どのくらい落ち込む準備をすればいいのかがわからず、とりあえず、妊娠4週を調べまくる。

youtubeの、胎児の成長番組を見ながら、お腹の子を想像して応援する、というのが趣味のようになっている。

 

胎嚢確認は1週間後。

 

それまで、ほんと待ち遠しいし、長いな〜。

 

 

 

【8周期目:凍結胚移植】BT7フライング。。。陽性

BT3 クリアブルー 真っ白な陰性

BT4 クリアブルー うっっっっすら目を凝らすと見える陽性

BT5 チェックワンファスト 細く陽性

BT6 チェックワンファスト 細いけど濃い色で陽性

BT7 クリアブルー 薄いけど普通に見えるくらいに陽性

 

陽性は、今のところ順調に続いている。

 

体調の変化は、右鼠蹊部がズキズキと痛く、本当に痛いので、大丈夫なんだろうかと不安になる。

 

本日、田舎のお家にで過ごしており、草を抜いたり、枇杷の実に袋がけをしたりと動き回っていた。

安静の方がいいのだろうか?と考えるも、みんな、病人ではないし、運動したほうがいいと言うしなぁと、とりあえず動く。

 

妊娠継続するのだろうかという不安はあるものの、着床するのだろうかよりは、安心感がある。

 

別に、クリニックに行ったからって、状況がよりよくなるわけではないけれど、二日後のクリニックで、HCGを測定してもらって、早く安心したい。

 

漢方が重要な気がして、毎日欠かさず飲むようにしている。

 

3食きっちり食べれない私にとっては、膣座薬はとてもいい。

ほぼ毎回、提示に薬を足せるから。

 

あーードキドキするし、今までと違う不安が満載だけど、とにかく一歩ずつ! 

 

【8周期目:凍結胚移植】BT4でフライング

BT3でフライングしたが、見事に陰性。

 

昨日より興味は薄れつつ、でも気になるので、BT4もフライング。

今週期はクリアブルーで試している。

 

で、寝る前にやってみたら、うっすーーーーら、線が出てる!?

ブログでよく見る、「よーーーーく心の目で見たら見える線」ってやつ。

あの表現、なるほどな〜と、妙に納得。

 

で、あまりにも衝撃すぎて、その日の夜は興奮して寝れない。

 

今回は、なるべく12時までに、遅くとも1時までには寝ることにしているのに、妄想が駆け巡り、2時過ぎまでねれない。

 

そして、次の日も、興奮しすぎて朝7時に起きるという。。。

(いつもは、9時くらい)

 

いやーーー、気になりすぎるので、BT5は、チェックワンファスト(早期妊娠検査薬)を購入し、試すことに決定。

 

落ち込みたくないな〜。

ドキドキ。。。

【8周期目:凍結胚移植】凍結胚盤胞移植

 2回目の凍結胚盤胞移植

 

移植は5回目。

 

完了した。

 

今回は、12月に凍結したもので、動画で見ると、順調に拡張していた出来る子的な卵。

 

今回は、飲み薬ではなく膣座薬なんだけど、私的には飲み薬よりいい感じがする。

 

薬が出て来てしまうので、おりものシート必須なんだけど、ご飯が不規則な私にとっては、膣座薬は、決まった時間に取り組みやすくていい。

飲み薬は、ついつい忘れてしまいがちになってしまう。

 

今回は、非常に期待が高まってしまっている。。。

これは、もしかして!いけるのではーー!!??

 

みたいな気分。

 

すでに初日からフライングしたくてしょうがない。

 

これは、ダメだった時の落ち込みが半端なさそうで、まずいなぁと思いつつ。

止められない。

 

BT3日目の今日、まだ、反応は出ないと知りつつ、自分の気持ちを落ち着かせるために、フライングをしようと思っている。

 

漢方薬のおかげか、便秘も治ってきている。

 

今回は、着床してくれますように!

【8周期目:凍結胚移植】移植日決定

せっせと二日おきにエストラーナテープを貼り続け、状態をチェックしにクリニックへ。

 

血液検査、内診ともに問題なし。

 

次回の移植日が決定。

 

前回は飲み薬で、排卵後の状態をつくったのだけど、今回は噂の膣座薬ということに。

(ブログでたびたび拝見していた)

 

やはり、前回、グレードのいい卵がダメだったので、少しでも体質に合うものを試している様子。

 

こちらの副院長先生は、そういう感じが見られて、私的には信頼感が高い。

 

毎日、漢方も順調に飲んでいる。苦いけど。

 

 

いくつかチェックしている妊活のブログがあるのだが、同士のように感じたりして励まされてありがたいのだけど、妊娠したかも?という記事を見ると、心が揺れる。

なんだか、置いてけぼりくらったみたいな。

嫉妬のような感情が生まれるのもつらい。

だからといって、応援したい気持ちや、知りたい気持ちもあるから、見ないようにするのもなんだかな。。。となる。

 

最近は、妊活ルーティーン化により、心の浮き沈みは少なくなってきたんだけど、やっぱり、ちらほら、心が揺れる。

 

一歩ずつ、頑張ろう〜。

漢方を飲み始める

クリニックに漢方外来が出来たので、行ってみた。

 

3000円と気軽な感じなので。。。と。

 

内容としては、

・生理周期が短め(26日)

・FSHが高め

・便秘傾向

・お肌が感想傾向

その他、傾向を見て、水分保持力が低いのだと。

 

水分保持力が低下すると、(年齢が高いのでどうしてもしょうがないのだが)、子宮内膜が固くなり、着床しづらくなるそう。

 

ということで、診断された漢方を飲むことにしたのだが、なんと、お値段

57000円!! 一ヶ月分!!!

相談料含め、6万。

 

これ、何ヶ月も続けられる値段ではないが、とりあえず、1ヶ月試すことに。

 

鍼治療もすごく効きがいいので、漢方は合う気がする。

夫は、幸いに試してみようと、前向きだった。

 

飲み始めてみた。

 

・加味ショウヨウサンリョウ

・亀鹿仙

・活命参

 

においは嫌いではないけど、味はまずい。

罰ゲームのような感じ。

だけど、どうしても続けられない味ではないし、煎じ薬のほうは、しばらくすると慣れてきそうな味。

 

まずい分だけ、効き目はありそう。(全くのイメージですが)

 

とりあえず、聞いた内容は納得できたので、何ヶ月か、家計が許す限りのところまでは続けてみよう。

 

いやいや、今月着床してくれるのがベスト。

 

すでに、今月も着床せず、不妊治療を続ける気持ちになってしまっている。

もはや妊活がルーティーン化。

 

いかんいかん。

とにかく、今月の移植に向けて、漢方飲むべし。