読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Surfsoul’s diary

38才からの不妊治療。低AMH(0、69)。男性不妊のため、京野アートクリニック高輪で顕微受精からスタート。不妊治療の記録。

【6周期目:検査周期】明日は検査

明日は検査の日。

 

生理中に検査と聞いた気がしたが、ショックを受けていたので、うろ覚えで、

まだ生理が来ていないので、生理中の検査であれば、日程を変更しなくてはならない。

 

ということで、電話してみると、一つを除いて生理前でもできるので、来てくださいと。

 

2回に分けるの面倒だから、1回にしてほしかったな〜。

 

なんだか、前回の受診からちょっとナーバス。

 

友達の出産の話とか、道行く赤ちゃん連れとか、見るとすごく悲しい気持ちになる。

 

久々に話した友達が、妊娠36週で、もうすぐにでも産まれる可能性があるらしく、「かけがえのない家族」とか、「私の大切な居場所」とか言っているのを聞くと、いいな〜って思って思う。

 

久々の感じ。

 

私は、あまりいい人志向がないので、いいなーとか、こういう話聞きたくないわと思っても、罪悪感はわかない。

ただ、ひたすらつらい気持ちになる。

 

2回目で卵ができなくて、移植がキャンセルになった時の感じ、再び到来。

 

なんだか、私だけ取り残されたみたいな、ずっとこのままなんじゃないか、みたいな気持ちになる。

 

でも、同じように不妊治療している方のブログを読んでいたから、みんな同じ気持ちなんだというのはわかっていて、それは少し救われる。

 

明日は検査。

何か、原因が見つかれば対処できるし、なければ一歩ずつトライするだけだとわかる。

それも、一歩前進、なはず。

 

頑張れ、私。

【5周期目】判定結果。。。陰性

妊娠検査でクリニックへ。

 
採血の時、恐怖で貧血になっちゃうから、いつも寝た状態で採血してもらっていたけど、
「靴を脱ぐのが面倒臭い」と思えるくらい慣れてきたので、座って採血にチャレンジしてみた。
大丈夫だった。
今度からこれでいこう
 
 
妊娠の結果は陰性。
やっぱりねという感じで、落ち着いていた。
 
その後、先生から、検査の提案があった。
 
 
子宮鏡の検査と、染色体などの血液から着床に関する検査。
 
 
その結果を見て、対策を立ててから卵を戻しましょうとのこと。
 
 
そのため、次周期はお休みで、検査周期となる。
 
 
検査周期の次は、凍結した卵を戻すことに。
まだ、胚盤胞は戻したことないもんね。
 
 
話終わって、次周期がお休みということに、なんだかショックを受けてしまった。
どこかに早く!って焦りがあるんだろうな。
理論的に考えると、検査してからっていうのはとても利にかなってるんだけど。
4月で39歳になる。
なんだか、どんどん妊娠から遠ざかるみたいな気持ちになってしまって、久々に泣きたい気持ちになった。
 
 
この前の喧嘩で、不妊治療費の高さに文句を言われたのがこたえていて、また、お金がかかる〜。ごめんなさい〜。というなんとも言えぬ、罪悪感と悲しみが襲ってくる。
 
 
でも、子供が欲しい。
チャレンジしたい。
だから、頑張るしかないな〜。
 
 
夫に半泣きで電話すると
「今回はけんかしすぎたな!」と。
あっけらかんとした、そして、そこ?っていう見解に、思わず爆笑してしまった。
けんかを減らそうねと提案をもらい、
ま、どうせまた勃発するんだろうけど、心が和む。
 
 
頑張れ、私。
きっと、大丈夫。

【5周期目:採卵】フライング。。。陰性

採卵後、11日。移植後7日。

 

5日前から毎日フライングして、今日も陰性。

 

今日の分までしか、妊娠検査薬がなかったので、本日で終了。

 

つまり、陰性決定と見なす。

たまに、陰性でも当日妊娠してましたっていうのはあるらしいので。

 

それにしても、全く落ち込みがない。

ここまで来ると、次の周期はどうしようとか当たり前に考えていて、次の周期に妊娠するかもという考えがなくなっていることに、ふと気づく。

いいのか悪いのか。

 

次回は凍結胚盤胞を移植する方向で、夫婦ともに合意。

 

夫とも、無事仲直りし、次の移植の1ヶ月はけんかをしないように誓い合う。

当てにはならないが。。。

 

それと、サプリメントをしっかり飲むこと。

睡眠をしっかりとること。

鍼灸を週1回程度は受けたいこと。

 

これを目標に頑張ろうと思う。

【5周期目】受精卵凍結確認

本日、検診と受精卵凍結確認のため受診。

 

採血はなく、内診の後、問診。

 

卵巣は、右2、8、左3、2で、腫れはひいてきていて、問題なし。

 

そして、今回の受精卵は。。。

 

4ABの胚盤胞を一個凍結!!!

 

4ABとは〜〜!

やったー!!

質がどんどんよくなってる!

 

ダイレクト分割していたやつだけど、なんかうれしい。

頑張ってくれて、ありがとう。

 

これで、凍結している卵は3個。

 

来月は卵を戻すか、採卵にするか、悩むところ。

 

本日、またもや早すぎるフライングをしてみたけれど、陰性。

でも、なんだか楽しくなってきて、今回は毎日試してみようかと思い始めている。

 

【5周期目:胚移植後】早すぎるけど、やりたかったからフライング

8分割胚移植から3日後。

まだだろうけど、やってみたかったからフライング。

当たり前の陰性。

 

今回は、よくも悪くも、フラットな淡々とした気持ちで過ごしているので、

ダメでも受け入れ準備万端な気持ちでいる。

いいのか、悪いのか。。。

 

それよりも!

 

最近の夫の機嫌の悪さが半端ない。

ストレス原は私だそうで、私のせいで金が減る、私のせいで稼げない、全部全部、私のせい。

あげくの果てには、他の女とやりに行ってくるぞ!的な発言まで飛び出し。。。

私の何かを崩壊させたのは、最初に結婚した夫とのことについて

「人なんて見てねーんだろ。お前は金目当てで結婚したんだ」

と!

子供のことも、すぐ中止、つくらない、育てられない、金がないって言うし。

 

最近は、言い返すとヒートするから、黙って聞いて、ごめんねが聞きたそうならごめんねと、ありがとうが聞きたそうならありがとうと言っていたのだけど、

さすがにこの言葉には切れてしまい

「あなたに私たちの何がわかるの?お金目当てでは決してありません!」

って、言い返したら、「もういいわ」と部屋を出て行く。

 

男の人って、どうしてこう言葉が悪いんだろ。

(そうじゃない人もいると思うけど)

弱くなれないから、キレてひどいこと言う。

でも、キレてるから、何を伝えたいのかが、ものすごーーーーくわかりにくい。

 

結局、私じゃなくて仕事のストレスだったり、お金の恐怖だったり。

 

毎週、休みの二日間は、彼の怒りを受け止めるばかりで、ストレスマックス!

こんなの、卵に良いわけない!

このストレスの中でも着床する、卵の生命力を祈るばかり。

 

はーーー。

なんだかなー。

 

と、ストレス発散しておく。

【5周期目:採卵】4日目胚移植

本日、移植予定で来院。

 

最初からリカバリールームを案内されたので、今回は移植できるんだとホッとする。

 

採決の後、卵の説明。

 

今回は、4日目で10分割とのこと。

まだ、桑実胚にはなっていない。

ちょっと遅めとのことで、心配になってしまう。

 

今回は、他の卵たちの様子も、タイムラプスの映像で見せてもらった。

 

6個のうち、5個成熟卵。

5個に顕微授精して、3個が正常受精、2個が異常受精。

異常受精の2個も培養中で、胚盤胞になれば凍結し、移植可能だそうです。

 

正常受精の3個のうち、2個がダイレクト分割していて、これも胚盤胞待ちだそう。

 

一つだけ、順調に育っていた卵を戻すことになった。

 

前回の卵の分割が、とってもきれいだったんだけど、今回の卵は、なんだか縦長になっていて、あまりきれいではない気がする。。。

でも、やっぱりセンシティブになってしまうし、ネガティブに考えがちなので、

気持ちをあげねば!と、「4日目10分割妊娠」でググる

 

ちゃんと、妊娠された方もいて、ちょっとホッとする。

 

お腹の中のほうが環境はいいらしいので、10分割から元気に育ってくれるといいな。

でも、フラグメントは5%なので、そこはいい感じ!

 

今回は、ダイレクト分割が2個、異常受精2個で、質がイマイチ。

まぁ、今回はインターパンチなどが処方されなかったし、自分でもサプリの飲み忘れも多かったし、けんかも多かったし、寝不足もあったし、何より、お酒飲んだ日があったもんね。。。

 

すぐに調子に乗ってしまう自分に反省。。。

 

卵を戻した夜から、お腹が少し響く感じ。

右卵巣が4センチと腫れていたからかな?

 

すぐに、来月のことを考えてしまうけれど、とにかく、今回戻した子がしっかり育ってくれるように、リラックスして過ごすべし。

 

夫に、

「今回の卵は、縦長でさ。。。ここがさ。。。」

とか、写真見せながら話していたら、

 

「とにかく、産んでみよう!」

と言われた。

 

なんだか、そののりというか、「産んでみる」という言葉に、笑ってしまった。

癒された。

 

頑張れ、私! 

 

【5周期目】低刺激2回目採卵終了

1月3日から整理開始で、1月4日から再び、低刺激開始した。

 

「前回成績がよかったので、もう一度同じで行きましょう」

と先生。

 

採卵予定が13日だったので、11日で採卵でも大丈夫か心配になり質問したところ、

「関係ありません」

と、キッパリ。

 

そうなのね。。。

 

前回は、生理3日目からクロミッドスタートだったけど、今回は生理2日目からスタートしていて、それも微妙に不安。。。

 

で、2日目からクロミッドスタート。

 

2回目の診察で、一番多く見てくれている副医院長が、

「急いで育てたくないんだよね」

と言ってくれて、もしかしたら最大、採卵が16日になるかも、とのこと。

やっぱりそうだよね!

ちゃんとわかってくれている感じがして安心する。

 

11日の診察で、

「小さいのも採れるように、ギリギリまで育てましょう」

とのことで、16日採卵に決定し、採卵に望む。

 

結果、今回は、大3個、中2個、小1個の6個で、すこぶる成績がよい!

 

で、無事卵が育てば、20日の桑実胚移植に望む予定。

の、イマココ!

 

今回は、クロミッドを飲んでいるときから、卵巣に痛みがあり、ジャンプとかすると響く感じだった。

採卵は、前回ほど痛くなかったけど、終わった時に妙な疲れがあって、

次の周期は採卵ではなくて、移植だけにしようと思った。

 

不妊治療費も、今回で200万超えそうなので、少しセーブしないとまずい感じもあり。。。

 

さらに、今回は、気合いがあまり入っておらず、サプリなども飲み忘れが多かった。

でも、それはそれで、プレッシャーが少なくなったということで、いいのかな、とも思う。イベントではなく、日常になってきたというか。。。

 

この間、夫婦喧嘩の際に、姑に愚痴を聞いてもらう機会があり、ついでに不妊治療をカミングアウトした。

姑は、えらく応援してくれて、結果、ビビり気味の夫より、だいぶ頼りになる存在となった(笑)

 

今回、願わくば、3個育ってほしい!

2個凍結!!

頼む〜〜〜〜!!!!!